車検費用の内訳

必ずかかる車検費用とそうではない費用

車検を業者などに頼むと一括した見積もりが出てくるので、内容が分かりづらいことがあります。ですが、車検と言われるものの中で必ずかかる費用は3つだけです。自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料の3つになります。自動車重量税は車種などで減税が受けられたりしますが、他の費用は大きく変わることはありません。この他の費用としては整備手数料、車検蛇行手数料などが加算されて車検費用として見積もりに出てきます。車検の費用としてどの業者が安いかの判断基準になるのは、必ずかからない費用の方です。代車などのサービスを望まれるのなら、この費用にプラスされることを覚えておくといいでしょう。車検が高いと感じている人は費用の内訳を確認して、業者の手数料が安い所を探すといいのです。

車検費用の内訳から考える車検をお得に通す方法

車検費用の中で大きな割合を占めるのが、点検整備料や車検代行料などの業者の取り分です。お得に車検を通すためには複数の見積もりを取って比較することで、安い業者を見極めることが必要になります。業者ごとに項目が違ってきますが、最終的な金額で高い安いは分かります。この他にお得に車検を通す方法として、ユーザー車検というものがあります。自分で運輸支局に持ち込んで、車検を通す方法です。これだと業者が取っていた点検整備料や車検代行料などが、かからないためにかなりお得になります。ただし、整備をしたり部品を交換したりする作業を、自分でしなければなりません。陸運支局への持ち込みも自分でするために手間と時間はかかります。知識さえあれば、難しくなく車検を通すことができるので車好きの人にはお勧めかもしれません。