車検に出す前に費用を安く済ませるため自分でできること

ご自分でできることをしておくことが大事

車検は一般的に車の維持費の中で大きな金額になります。普通自動車であれば10万円前後のお金がかかると思って間違いないでしょう。そこで、実際にどれぐらいの費用がかかるか内訳を見ていくと、車検にかかる費用は大きく車検費用と法定費用にわかります。法定費用は税金などのように法律で定められているものになります。普通自動車なら5万円から6万円ぐらいです。これに関しては割引きをすることは考えられません。そもそも税金が割引になることなどありえないからです。一方で、車検費用は業者に対する点検費用などがこれにあたります。この車検費用に関しては割引きをすることが可能です。
受ける車検場によって費用が微妙に異なるのは、この車検費用の違いによるものです。3万円ぐらいの差が出ることもあります。

ガソリンスタンドは安く車検を受けられる

車検を受ける時に費用ができるだけ安く済ませるならば、ガソリンスタンドやカー用品店に持っていくことです。整備士の腕前はディーラーや町の自動車工場の方が上の可能性が高いですが、何より費用を安くしたいのであれば、ガソリンスタンドとカー用品店は格安で行ってくれます。ディーラーの車検の相場が10万円ぐらいだとすれば、ガソリンスタンドやカー用品店の相場は7万円ぐらいです。
これは車検費用を安くするような仕組みを作っているからです。
それ以上に安くしたい場合は、ユーザー車検があります。ユーザー車検は自分で管轄の陸運局に持っていき、車検をしてもらいます。書類などの準備に時間がかかりますが、確実に安くすることが可能です。